令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問11

午前Ⅰ 問11解説へ
TCP,UDPのポート番号を識別し,プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスとの対応関係を管理することによって,プライベートIPアドレスを使用するLAN上の複数の端末が,一つのグローバルIPアドレスを共有してインターネットにアクセスする仕組みはどれか。

  • IPスプーフィング
  • IPマルチキャスト
  • NAPT
  • NTP
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
NAPT(Network Address Port Translation)は、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの相互変換するNATの考え方にポート番号を組み合わせた技術です。IPマスカレードとも呼ばれます。
TCP/IPの原則に則れば、複数の端末がインターネットに接続する場合には、それに対応する数のグローバルIPアドレスが必要です。しかし、NAPTを利用すると内部LAN上の複数の端末を、1つのグローバルIPアドレスで同時にインターネットに接続させることが可能です。NAPTでは、プライベートIPアドレスとインターネット通信に使用するポート番号を対応させることで端末の識別を行っています。
am1/34.gif
  • IPスプーフィングは、IPアドレスを偽装し正規のユーザになりすましてアクセスを行う攻撃手法です。
  • IPマルチキャストは、IPパケットを1回で複数の受信者に送信する方法です。なお、1回で1人の受信者に送信することをユニキャスト、1回で同じネットワークセグメントに属するすべての受信者に送信することをブロードキャストといいます。
  • 正しい。NAPTは、1つのグローバルIPアドレスでプライベートネットワーク内の複数の端末をインターネットに同時に接続できるようにする技術です。
  • Network Time Protocolの略。ネットワークに接続されている環境において、機器が持つ時計を正しい時刻(協定世界時:UTC)へ同期するための通信プロトコルです。

Pagetop