令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問17

午前Ⅱ 問17解説へ
インターネットサービスプロバイダ(ISP)が,スパムメール対策として導入するIP25Bに該当するものはどれか。

  • 自社ISPのネットワークの動的IPアドレスから他社ISPの管理するメールサーバへのSMTP通信を制限する。
  • 自社ISPのメールサーバで受信した電子メールのうち,スパムメールのシグネチャに一致する電子メールを隔離する。
  • 他社ISPのネットワークの動的IPアドレスから自社ISPのメールサーバへのSMTP通信を制限する。
  • 他社ISPのメール不正中継の脆弱性をもつメールサーバから自社ISPのメールサーバに送信された電子メールを隔離する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:セキュリティ実装技術
  • OP25Bの説明です。
  • 迷惑メールフィルタリングにおける「シグネチャマッチング方式」の説明です。
  • 正しい。IP25Bの説明です。OP25Bが不審なメール送信を拒否するのに対し、IP25Bでは不審な送信元からのメール受信を拒否します。
  • RBL(Real-time Blackhole List)を使用したスパムメール対策です。

Pagetop