令和3年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問1

午前Ⅱ 問1解説へ
AIによる画像認識において,認識させる画像の中に人間には知覚できないノイズや微小な変化を含めることによってAIアルゴリズムの特性を悪用し,判定結果を誤らせる攻撃はどれか。

  • Adaptively Chosen Message攻撃
  • Adversarial Examples攻撃
  • Distributed Reflection Denial of Service攻撃
  • Model Inversion攻撃
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
  • ディジタル署名への攻撃法である適応的選択文書攻撃のことで、攻撃者が任意に選んだ文書に対して真の署名者に署名させた後に、そこで得た情報を用いて攻撃者が別の文書の署名を偽造する攻撃です。
  • 正しい。敵対的サンプル攻撃のことで、入力画像に人間の目では認識できない程度の微細なノイズを加えることによって、AIの誤判定等を引き起こす攻撃です。
  • DRDoS攻撃は、大量の応答パケットを攻撃対象に仕向けることでサービス停止を狙う、分散反射型のサービス停止攻撃です。
  • モデル反転攻撃のことで、機械学習済みモデルの入出力から、特定のデータが訓練データの一部であったか否かの情報を得たり、学習に用いられた訓練データを復元したりする攻撃です。

Pagetop