令和5年秋期試験問題 午前Ⅱ 問22

目的別のサービスが多数連携して動作する大規模な分散型のシステムでは,障害時の挙動を予知することが困難である。このようなシステムにおいて,ステージング環境や本番環境で意図的に障害を引き起こしてシステムの挙動を観察し,発見した問題を修正することを継続的に実施し,システムの耐障害性及びシステム運用の信頼性を高めていく手法はどれか。

  • DevOps
  • Infrastructure as Code
  • カオスエンジニアリング
  • テスト駆動開発
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
解説
この問題に対する解説はまだありません。

Pagetop