平成21年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問29

午前Ⅰ 問29解説へ
ゲーム理論を使って検討するのに適している業務はどれか。

  • イベント会場の入場ゲート数の決定
  • 売れ筋商品の要因の分析
  • 競争者がいる地域での販売戦略の策定
  • 新規開発商品の需要の予測
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
ゲーム理論は、将来の起こり得る状態が予想できるが、その発生確率が不明である場合の意思決定の判断材料として用いられる理論です。

競争社会では、自社の戦略だけでなく、競合他社の戦略も自社製品の需要と大きくかかわってきます。ゲーム理論は、起こり得る状態とその利得から最適だと考えられる意思決定を導くことができ、その問題を解決するための一手段となります。
  • 待ち行列理論を使って検討するべき業務です。
  • ABC分析を用いて検討すべき業務です。
  • 正しい。ゲーム理論を用いて検討するのに適している事例です。
  • SWOT分析や、マーケティングミックスを用いて検討すべき業務です。

Pagetop