平成21年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問19

午前Ⅱ 問19解説へ
ハードウェアの保守点検及び修理作業を実施するときに,運用管理者が実施すべき,事前又は事後に確認に関する説明のうち,適切なものはどれか。

  • システムが自動的に回復処置を行った障害については,障害前後のエラーログが残っているので,障害原因や対応処置の報告ではなく,ログの分析結果を確認する。
  • 定期保守時の点検項目は事前に分かっているので,事前と事後の確認は省略できるが,作業の開始と終了については,保守作業者に確認する。
  • 予防保守を遠隔保守方式で行う場合,遠隔地のシステムへの影響は出ないので,作業内容などの事前確認は行わず,事後に作業実施結果を確認する。
  • 臨時保守の場合,事前に保守作業者が障害の発生状況を確認したことを確認し,事後に障害原因や作業実施結果を確認する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:保守・廃棄
  • 通常の障害発生時と同様に保守作業者からの報告を確認する必要があります。
  • 運用管理者は保守前・保守後の状態を確認する必要があります。
  • 作業内容によっては遠隔地のシステムに影響がでる可能性があるため、運用管理者は保守の作業内容を事前に確認すべきです。
  • 正しい。

Pagetop