平成22年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問15

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅰ 問15解説へ
SQLインジェクションの説明はどれか。

  • Webアプリケーションに悪意のある入力データを与えてデータベースの問合せや操作を行う命令文を組み立てて,データを改ざんしたり不正に情報取得したりする攻撃
  • 悪意のあるスクリプトが埋め込まれたWebページを訪問者に閲覧させて,別のWebサイトで,その訪問者が意図しない操作を行わせる攻撃
  • 市販されているデータベース管理システムの脆(ぜい)弱性を利用して,宿主となるデータベースサーバを探して自己伝染を繰り返し,インターネットのトラフィックを急増させる攻撃
  • 訪問者の入力データをそのまま画面に表示するWebサイトに対して,悪意のあるスクリプトを埋め込んだ入力データを送り,訪問者のブラウザで実行させる攻撃
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
SQLインジェクションとは、データベースを使ったWebアプリケーションシステムに対して、行われる攻撃手法です。入力フォームにSQL文の一部や不正な文字列を与えることでアプリケーションが想定していないSQL文を実行させ、データベースサーバを不正に操作する攻撃方法です。

この攻撃に対しては、入力値を適切にエスケープしたりBIND機構を使うことでが対策となります。DBMSやライブラリによってはエスケープ処理が自動化されているものもあり有用です。
  • 正しい。SQLインジェクション対策としてWeb入力フォームからのデータ内の危険文字列を「無害化」するサニタイジングという用語もチェックしておきましょう。
  • XSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)の説明です。攻撃者は第三者を攻撃用のWebページにアクセスさせ、意図した操作を行わせるための用意したHTTPリクエストを送信させます。
  • ワームの一種 SQL Slammerの説明です。
  • XSS(クロスサイトスプリクティング)の説明です。

Pagetop