平成22年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問3

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅱ 問3解説へ
A社のWebサーバは,認証局で生成したWebサーバ用のディジタル証明書を使ってSSL/TLS通信を行っている。PCがA社のWebサーバにSSL/TLSを用いてアクセスしたとき,サーバのディジタル証明書を入手した後に,認証局の公開鍵を利用しPCが行う処理はどれか。

  • 暗号化通信に利用する共通鍵を生成し,認証局の公開鍵を使って暗号化する。
  • 暗号化通信に利用する共通鍵を認証局の公開鍵を使って復号する。
  • ディジタル証明書の正当性を認証局の公開鍵を使って検証する。
  • 利用者が入力,送付する秘匿データを認証局の公開鍵を使って暗号化する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
ディジタル証明書は、個人や企業(のサーバ)に対する電子式の証明書で、認証局(CA)と呼ばれる第三者機関によって発行されます。ディジタル証明書には送信した「サーバの公開鍵」とともに、その信頼性を保証するため「認証局のディジタル署名」が格納されています。

SSLにおけるサーバ認証は、次の手順で行われます。
  1. Webサーバからクライアントに対してディジタル証明書とルートCAまでの証明書のリストを送る
  2. クライアントは証明書に付された認証局のディジタル署名を「認証局の公開鍵」を用いて検証する
  3. 証明書の正当性が確認できた場合、Webサーバ(の公開鍵)の認証を行う
したがって適切な記述は「ディジタル証明書の正当性を認証局の公開鍵を使って検証する」になります。

この問題の出題歴


Pagetop