平成23年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問17

午前Ⅰ 問17解説へ
知的財産権戦略として,特許化されていない技術を特許出願せずにノウハウとして秘匿することが適切な例はどれか。

  • 社内の秘密保持体制が構築できない場合
  • セキュリティ分野のソフトウェアで,アルゴリズムを公開したくない場合
  • 他社に積極的に技術使用許諾して,ライセンス収入を得たい場合
  • リバースエンジニアリングによって技術が容易に明らかになる場合
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:知的財産適用管理
  • 技術の独占的な使用権を得るために、特許を取得することが有効です。特許を取得しないと、情報の漏えいから他社で同様の技術が開発されてしまう可能性があります。
  • 正しい。特許を取得するとその技術的仕様が公開されることになります。広く知らせることで突破手法が考案され、アルゴリズムが脆弱化してしまう可能性が考えられるので、ソフトウェアの価値を保つために、あえて特許を出願しない戦略を採ることが有効となります。
  • 技術の独占的な使用権を得るために、特許を取得することが有効です。特許を取得しないと、他社で同様の技術が開発され、他社が特許を取得した場合にライセンス収入を得ることが難しくなってしまいます。
  • 技術の独占的な使用権を得るために、特許を取得することが有効です。特許を取得しないと、他社に仕様を解析され同様の技術が開発されてしまう可能性があります。

Pagetop