平成23年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問6

午前Ⅰ 問6解説へ
MTBFがx時間, MTTRがy時間のシステムがある。使用条件が変わったので,MTBF,MTTRがともに従来の1.5倍になった。新しい使用条件での稼働率はどうなるか。

  • x,yの値によって変化するが,従来の稼働率よりは大きい値になる。
  • 従来の稼働率と同じ値である。
  • 従来の稼働率の1.5倍になる。
  • 従来の稼働率の2/3倍になる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
稼働率、MTBF、MTTRはシステムの信頼性や可用性を評価するのに使われる指標で、次の式で表される関係があります。

 MTBF/(MTBF+MTTR)

MTBFとMTTRが共に1.5倍になったとすると、
 1.5MTBF/(1.5MTBF+1.5MTTR)
=1.5MTBF/(1.5(MTBF+MTTR))
=MTBF/(MTBF+MTTR)

と式を変形できるので元のシステムの稼働率と同じになることがわかります。
よって正解は「イ」です。

MTBF(Mean Time Between Failures)=平均故障間隔,
MTTR(Mean Time To Repair)=平均修復時間

Pagetop