平成23年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問8

午前Ⅰ 問8解説へ
図の論理回路において,S=1,R=1,X=0,Y=1のとき,Sを一旦 0にした後,再び1に戻した。この操作を行った後のX,Yの値はどれか。
am1/24.gif

  • X=0,Y=0
  • X=0,Y=1
  • X=1,Y=0
  • X=1,Y=1
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ハードウェア
小分類:ハードウェア
図の論理回路図はフリップフロップと呼ばれ、2つの回路の安定した状態によって1ビットの情報を保持する回路です。現在と異なる入力が与えられると、次の入力があるまでその状態を保持しようとします。

問題文のS=1、R=1、X=0、Y=1状態では次のような状態となっています。
am1/24_1.gif
次にSを0に変えると、次のような状態になります。(他方の出力がもう一方の入力に影響を与えるので、2つの回路が安定するまで何回か入出力を繰り返します。)
am1/24_2.gif
そしてSを1に戻すと次のような状態になります。
am1/24_3.gif
回路はこの状態で安定しているので、出力の値は、X=1,Y=0となります。

Pagetop