平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問21

午前Ⅱ 問21解説へ
データベースのデータを更新するトランザクションが,実行途中で異常終了したとき,更新中のデータに対して行われる処理はどれか。

  • 異常終了時点までの更新ログ情報を破棄することによって,データをトランザクション開始前の状態に回復する。
  • チェックポイント時点からコミット完了しているトランザクションの更新をロールフォワードすることによって,データを回復する。
  • トランザクションの更新ログ情報を使って異常終了時点までロールフォワードすることによって,データを回復する。
  • ロールバックすることによって,データをトランザクション開始前の状態に回復する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:トランザクション処理
トランザクションの途中、プログラムのバグなどでアプリケーションが強制終了した場合には、DBMSは更新前ログを用いてデータベースをトランザクション開始直前の状態に戻すロールバック処理を実行します。

トランザクションには、処理がすべて実行されるか、または全く実行されない状態で終了する性質(原子性)があるので、異常終了時にはトランザクション開始前の状態に戻す処理が必要となります。

したがって「エ」が適切です。

Pagetop