平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問3

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅱ 問3解説へ
SEO(Search Engine Optimization)ポイズニングの説明はどれか。

  • Web検索サイトの順位付けアルゴリズムを悪用して,キーワードで検索した結果の上位に,悪意のあるサイトを意図的に表示させる。
  • ウイルス検索エンジンのセキュリティ上の脆弱性を悪用して,システム権限で不正な実行を処理させる。
  • 車などで移動しながら,無線LANのアクセスポイントを探し出して,ネットワークに不正侵入する。
  • ネットワークを流れるパケットから,不正侵入のパターンに合致するものを検出して,管理者への通知や,検出した内容の記録を行う。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
SEO(Search Engine Optimization)とは、Webサイトを制作するときに、Googleなどの検索エンジンの検索で上位に表示されるようにページやサイト全体を最適化することをいいます。
上位表示を狙うサイトが悪意のないサイトであれば問題ないのですが、SEOポイズニングでは、ウイルスなどを仕込んだ悪意のあるページ(又はそのページへの入口となるページ)に様々なSEO対策を施して検索結果の上位に表示させようと図ります。そして何も知らずにキーワード検索から訪れたユーザに対して、マルウェアのダウンロードや不正サイトへのリダイレクトなどの攻撃を仕掛けます。
  • 正しい。
  • セキュリティホールを悪用した攻撃ですが、SEOポイズニングとは関係ありません。
  • ウォードライビング(war driving)の説明です。
  • IDSやIPSの説明です。

Pagetop