平成24年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問13

午前Ⅱ 問13解説へ
迷惑メールの検知手法であるベイジアンフィルタリングの説明はどれか。

  • 信頼できるメール送信元を許可リストに登録しておき,許可リストにない送信元からの電子メールは迷惑メールと判定する。
  • 電子メールが正規のメールサーバから送信されていることを検証し,迷惑メールであるかどうかを判定する。
  • 電子メールの第三者中継を許可しているメールサーバを登録したデータベースに掲載されている情報を基に,迷惑メールであるかどうかを判定する。
  • 迷惑メールを利用者が振り分けるときに,迷惑メールの特徴を自己学習し,迷惑メールであるかどうかを統計的に解析して判定する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策
ベイジアンフィルタリングは、ユーザが迷惑メールに指定した電子メールの特徴を解析し、学習した内容と同等の迷惑メールを受信したときには、迷惑メールとして分類するフィルタです。
フィルタが振り分けを間違えた場合にはユーザが正しい判定をし直すことで記憶されている学習内容を更新することができ、学習量が増えるほど検出精度が増す自己学習機能を備えています。
  • ホワイトリストによる対策です。
  • SPFやDKIMによる対策です。
  • 迷惑メールの発信・中継元のIPアドレスをまとめたRBL(Realtime Blackhole List)による対策です。
  • 正しい。

この問題の出題歴


Pagetop