平成26年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問29

午前Ⅰ 問29解説へ
分析対象としている問題に数多くの要因が関係し,それらが相互に絡み合っているとき,原因と結果,目的と手段といった関係を追求していくことによって,因果関係を明らかにし,解決の糸口をつかむための図はどれか。

  • アローダイアグラム
  • パレート図
  • マトリックス図
  • 連関図
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
連関図は、複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係・相互関係を明らかにして問題や原因を特定し、目的達成のための手段を発見する手法です。
am1/75.gif
  • アローダイアグラムは、プロジェクトの各作業間の関連性や順序関係を視覚的に表現する図です。
  • パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用されます。
  • マトリックス図は、表の縦軸と横軸にいくつかの項目を設定し、交点に各項目同士の関連性・関連度合いを◎,○,△などで定性的に表した分析図です。
  • 正しい。

Pagetop