平成26年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問4

午前Ⅱ 問4解説へ
ディジタル証明書に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • S/MIMEやTLSで利用するディジタル証明書の規格は,ITU-T X.400で規定されている。
  • ディジタル証明書は,SSL/TLSプロトコルにおいて通信データの暗号化のための鍵交換や通信相手の認証に利用されている。
  • 認証局が発行するディジタル証明書は,申請者の秘密鍵に対して認証局がディジタル署名したものである。
  • ルート認証局は,下位の認証局の公開鍵にルート認証局の公開鍵でディジタル署名したディジタル証明書を発行する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
  • ディジタル証明書は、ITU-T勧告のX.509として標準規格化されています。ITU-T X.400は、電子メール交換について定めた規格ですがほぼ利用されていません。
  • 正しい。ディジタル証明書は、TLS通信において次の3つの目的で使用されています。
    1. サーバ認証
    2. クライアント認証(オプション)
    3. クライアント側からサーバ側への共有秘密鍵(暗号化鍵)の送付
  • ディジタル証明書は、申請者の公開鍵に認証局のディジタル署名を付与したものです。
  • ディジタル証明書は、証明対象の公開鍵と関連情報をまとめたデータに、認証局がディジタル署名を付して作成されます。ディジタル署名を作成するときに使うのは秘密鍵ですから、下位認証局のディジタル証明書を発行する際に用いるのは、ルート認証局自身の秘密鍵になります。

この問題の出題歴


Pagetop