平成26年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問12

午前Ⅱ 問12解説へ
脆弱性検査で,対象ホストに対してポートスキャンを行った。対象ポートの状態を判定する方法のうち,適切なものはどれか。

  • 対象ポートにSYNパケットを送信し,対象ホストから"RST/ACK"パケットを受信するとき,対象ポートが開いていると判定する。
  • 対象ポートにSYNパケットを送信し,対象ホストから"SYN/ACK"パケットを受信するとき,対象ポートが閉じていると判定する。
  • 対象ポートにUDPパケットを送信し,対象ホストからメッセージ"port unreachable"を受信するとき,対象ポートが閉じていると判定する。
  • 対象ポートにUDPパケットを送信し,対象ホストからメッセージ"port unreachable"を受信するとき,対象ポートが開いていると判定する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策
以下はTCPハーフスキャンとUDPスキャンのイメージです。
12.gif
  • 記述とは逆で、SYNパケットを送信し、対象ホストから"RST/ACK"パケットを受信したときは対象ポートは閉じていると判定します。
  • 記述とは逆で、SYNパケットを送信し、対象ホストから"SYN/ACK"パケットを受信したときは対象ポートは開いていると判定します。
  • 正しい。
  • 記述とは逆で、UDPパケットを送信し、対象ホストからメッセージ"port unreachable"を受信したときは、対象ポートが閉じていると判定します。

この問題の出題歴


Pagetop