平成26年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問22

午前Ⅱ 問22解説へ
UML 2.0において,オブジェクト間の相互作用を時間の経過に注目して記述するものはどれか。

  • アクティビティ図
  • コミュニケーション図
  • シーケンス図
  • ユースケース図
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア要件定義
  • 上流行程のビジネスプロセスの流れや下流行程のプログラムの制御フローを表すことができる図で、フローチャートのUML版です。
  • コミュニケーション図は、オブジェクト間の相互作用を表現し,オブジェクト間のデータリンクを強調する図です。
  • 正しい。シーケンス図は、オブジェクト指向分析で用いられる相互作用図の1つで、オブジェクト間のメッセージのやり取りなどのオブジェクトの振る舞いを時系列に沿って表す図です。
  • ユースケース図は、システムの振る舞いを表現する図で、システムに要求される機能を、ユーザの視点から示した図です。

Pagetop