平成27年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問22

午前Ⅱ 問22解説へ
共通フレームによれば,システム要件の評価タスクにおいて見極めることはどれか。

  • システム要件とシステム方式との間に一貫性があるかどうか。
  • システム要件とシステム方式との関連が追跡できるかどうか。
  • システム要件を満たすシステム方式設計が実現可能かどうか。
  • ソフトウェア品目が割り当てられたシステム要件を満たすかどうか。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
共通フレームによればシステム要件の評価は次の基準を考慮して行われるべきとされています。
  1. 取得ニーズへの追跡可能性
  2. 取得ニーズへの一貫性
  3. テスト計画性
  4. システム方式設計の実現可能性
  5. 運用及び保守の実現可能性
システム要件の評価では「要件定義プロセスで定義された利害関係者要件との一貫性が確保され、その後のプロセスで実現可能なものであるか」という観点が評価基準となるため「ウ」が適切です。

ちなみに正解以外の選択肢は全て「システム方式設計」の評価基準になります。

Pagetop