平成28年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問22

午前Ⅰ 問22解説へ
システム監査人が予備調査で実施する監査手続はどれか。

  • 監査対象に関する手順書や実施記録,及び被監査部門から入手した監査証拠に基づいて,指摘事項をまとめる。
  • 監査対象に対する被監査部門の管理者及び担当者のリスクの認識について,アンケート調査によって情報を収集する。
  • 被監査部門の管理者の説明を受けながら,被監査部門が業務を行っている現場を実際に見て,改善提案の実現可能性を確かめる。
  • 被監査部門の担当者に対して,監査手続書に従ってヒアリングを行い,監査対象の実態を詳細に調査する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
予備調査は、本調査の前に監査対象システムの概要を把握する目的で実施される調査です。関連資料のレビューや簡易的なチェックリストを使用した分析などを通じて、監査対象システムの現状や潜在的問題点などの情報が収集されます。収集された情報は本調査を効果的に進めるために使用されます。
  • 監査終了後に実施する監査報告書の作成です。
  • 正しい。予備調査での実施事項です。
  • 本調査での実施事項です。
  • 本調査での実施事項です。

Pagetop