平成29年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問22

午前Ⅰ 問22解説へ
在庫管理システムを対象とするシステム監査において,当該システムに記録された在庫データの網羅性のチェックポイントとして,適切なものはどれか。

  • 設定された選定基準に従って,自動的に購入業者を選定していること
  • 適正在庫高であることを,責任者が承認していること
  • 適正在庫量を維持するための発注点に達したときに,自動的に発注していること
  • 入庫及び出庫記録に対して,自動的に連番を付与していること
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
網羅性とは、抜けや漏れがなくすべてのことが集まり含まれている様子をいいます。

システムで連番を自動的に付与することによって入出庫の計上漏れや重複計上を防ぐことができるので「エ」が適切となります。

Pagetop