平成29年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
不適合への対応のうちJIS Q 27000:2014(情報セキュリティマネジメントシステム-用語)の"是正処置"の定義はどれか。

  • 不適合によって起こった結果に対処するための処置
  • 不適合の原因を除去し,再発を防止するための処置
  • 不適合の性質及び対応結果について文書化するための処置
  • 不適合を除去するための処置
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ管理
JIS Q 27000において、是正処置は「不適合の原因を除去し,再発を防止するための処置」と定義されています。是正処置には、不適合の修正、不適合によって引き起こされた結果への対処、不適合原因の明確化、不適合および是正処置の文書化などの作業を内包しています。
11.gif
  • 不適合への対処は、是正処置を構成する作業の1つです。
  • 正しい。"是正処置"の定義です。
  • 不適合に関する文書化は、是正処置を構成する作業の1つです。
  • "修正"の定義です。

Pagetop