平成29年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問25

午前Ⅱ 問25解説へ
株式会社の内部監査におけるシステム監査を,システム監査基準(平成16年)に基づいて実施する場合の監査責任者及びメンバに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • あるメンバを,当該メンバが過去に在籍していた部門に対する監査に従事させる場合,一定の期間を置く。
  • 監査責任者は,当該株式会社の株主に限る。
  • 監査部門の在籍期間について,メンバの場合は制限がないが,監査責任者の場合は会社法における監査役の任期を下回ってはならない。
  • メンバの給与その他の報酬の水準は,監査部門に在籍中は引き下げてはならない。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
システム監査基準は、システム監査業務の品質を確保し、有効かつ効率的に監査を実施することを目的とした監査人の行為規範を定めたものです。システム管理基準では、監査人としての適格性について次のように規定しています。
  • 被監査監査対象からの外観上および精神上の独立していること
  • 高い職業倫理をもつこと
  • 専門職としての知識・技能を保持すること
  • 正しい。監査人には、偏向を排除した公平かつ客観的な判断が求められるため、被監査対象と密接な利害関係を有する者であってはなりません。一定の期間を置くことは、監査人の独立性を担保するために適切な措置です。
  • 監査責任者は専門職としての知識と技能を持つ者でなければなりません。その能力を有するものならば、株主に限らず、監査部門の人員でも外部の専門家でも問題ありません。
  • 監査部門の在籍期間に関する規定はありません。
  • 報酬の水準に関する規定はありません。

Pagetop