平成29年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問28

午前Ⅰ 問28解説へ
セル生産方式の特徴はどれか。

  • 作業指示と現場管理を見えるようにするために,かんばんを使用する。
  • 生産ライン上の作業場所を通過するに従い製品の加工が進む。
  • 必要とする部品,仕様,数量が後工程から前工程へと順次伝わる。
  • 部品の組立てから完成検査まで,ほとんどの工程を1人又は数人で作業する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:ビジネスインダストリ
小分類:エンジニアリングシステム
セル生産方式は、製造業における生産方式の一種で、1人若しくは少数の作業者チームで製品の組み立て工程を完成(または検査)まで行うものです。作業者の周囲に機械、組付工具及び部品が配置され、その中を多能工が歩き回って作業をします。ライン生産方式などの従来の生産方式と比較して、作業者一人が受け持つ範囲が広く多品種を生産するときフレキシブルな切り替え可能なのが特徴です。

作業台が「コ」の字型に囲む様子を細胞に見立てて「セル生産方式」と呼ばれています。「一人屋台方式」と呼ばれることもあります。
am1/70.gif
  • かんばん方式の説明です。
  • ライン生産方式の説明です。
  • 後工程引き取り方式の説明です。
  • 正しい。セル生産方式の特徴です。

Pagetop