平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問14

午前Ⅰ 問14解説へ
ブルートフォース攻撃に該当するものはどれか。

  • WebブラウザとWebサーバの間の通信で,認証が成功してセッションが開始されているときに,Cookieなどのセッション情報を盗む。
  • コンピュータへのキー入力を全て記録して外部に送信する。
  • 使用可能な文字のあらゆる組合せをそれぞれパスワードとして,繰り返しログインを試みる。
  • 正当な利用者のログインシーケンスを盗聴者が記録してサーバに送信する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
ブルートフォース攻撃は、パスワードクラックや暗号鍵の解読に用いられる手法の1つで、特定の文字数および文字種で設定される可能性のあるすべての組合せを試すことで不正ログインを試みる攻撃手法です。総当たり攻撃とも呼ばれます。
パスワード長が短く、使用可能な文字種が少ない場合には、この手法によって認証を不正に突破されてしまう危険性が高くなります。
  • セッションハイジャックの説明です。
  • キーロガーの説明です。
  • 正しい。ブルートフォース攻撃の説明です。
  • リプレイアタックの説明です。

Pagetop