平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問3

午前Ⅱ 問3解説へ
ブロックチェーンに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • RADIUSが必須の技術であり,参加者の利用者認証を一元管理するために利用する。
  • SPFが必須の技術であり,参加者間で電子メールを送受信するときに送信元の正当性を確認するために利用する。
  • 楕円曲線暗号が必須の技術であり,参加者間のP2P(Peer to Peer)ネットワークを暗号化するために利用する。
  • ハッシュ関数が必須の技術であり,参加者がデータの改ざんを検出するために利用する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:セキュリティ実装技術
ブロックチェーンは、仮想通貨(暗号通貨)の基盤技術であり、"ブロック"と呼ばれる幾つかの取引データをまとめた単位をハッシュ関数で鎖のように繋ぐことによって、台帳を形成し、P2Pネットワークで管理する技術です。分散型台帳技術とも呼ばれます。

日本ブロックチェーン協会では、(広義の)ブロックチェーンを次のように定義しています。
「電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術を広義のブロックチェーンと呼ぶ。」

ブロックには、取引(トランザクション)データ、前ブロックのハッシュ値、ナンス(nonce)値などが含まれ、鎖のように連結されています。
03.gif
あるブロックのハッシュ値は、①前ブロックのハッシュ値、②取引データ及び③ナンス値を基に生成されるため、1か所の取引データを改ざんすると、それ以降のすべてのブロックのハッシュ値が変わってきます(これら全てを正しく書き換えることはほぼ不可能な仕組みになっています)。参加者は、ハッシュ値の整合性を確認することによって、改ざんの有無を検知できるようになっています。ブロックチェーンでは、ハッシュ関数の強度が台帳の堅牢性に直結するのでSHA-256/SHA-512などの十分に強度のある方式が使用されています。

したがって「エ」が適切な記述です。

Pagetop