令和元年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問19

午前Ⅱ 問19解説へ
IPv4ネットワークにおいて,IPパケットの分割処理と,分割されたパケットを元に戻す再構築処理に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • IPパケットの再構築処理は宛先のホストで行われる。
  • IPパケットの再構築処理は中継するルータで行われる。
  • IPパケットの分割処理は送信元のホストだけで行われる。
  • IPパケットの分割処理は中継するルータだけで行われる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
まず、IPパケットの分割処理について簡単に説明します。

IPは1パケットで最大65,535オクテットのペイロードを格納できます。しかし、データリンク層のプロトコルは、イーサネット:1,500オクテット、FDDI:4,352オクテットというように、IPパケットよりも最大転送単位(MTU:Maximum Transfer Unit)が小さくなっています。このため、IPパケットのサイズが送出先データリンクのMTUより大きい場合には、IPパケットを幾つかのフレームに分割して送信することになります。この分割処理をIPパケットのフラグメント化といいます。
19.gif
IPパケットの分割処理は、通信経路となるデータリンクに応じて「送信元ホスト」や「中継するルータ」で行われます。そして、分割されたIPパケットの再構築処理は「宛先ホスト」だけで行われます。再構築処理が宛先ホストだけで行われるのは中継するルータに負荷を掛けないためです。
  • 正しい。再構築処理は宛先ホストで行います。
  • 再構築処理は宛先ホストで行います。
  • 分割処理は中継するルータでも行います。
  • 分割処理は送信元ホストでも行います。
※実際には通信経路上のルータの負荷を軽減するため、IPパケットのフラグメント化は送信側ホストだけで行われることが多くなっています。このとき分割サイズを決めるのに「経路MTU探索」という技術が使われています。

Pagetop