令和元年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問20

午前Ⅱ 問20解説へ
TCPに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • OSI基本参照モデルのネットワーク層の機能である。
  • ウインドウ制御の単位は,バイトではなくビットである。
  • 確認応答がない場合は再送処理によってデータ回復を行う。
  • データの順序番号をもたないので,データは受信した順番のままで処理する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
  • TCPは、OSI基本参照モデルのトランスポート層に位置します。
  • TCPでは「ウィンドウ」と呼ばれるバッファメモリを用意することで、効率的な通信を実現しています。ウィンドウ制御は、通信の状況によって刻々と変化するウィンドウサイズを制御する仕組みです。
    TCPヘッダにはウィンドウサイズを指定するフィールドがありますが、単位はビットではなくバイトです。
  • 正しい。再送タイムアウト時間を過ぎても確認応答を受信できなかった場合、送信側は「送信データが失われた」と判断して当該データを再送します。
  • TCPヘッダにはデータの順序を管理するためのシーケンス番号というフィールドがあり、受信側はこの情報をもとに正しい順序に復元できます。

この問題の出題歴


Pagetop