令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問16

午前Ⅰ 問16解説へ
UMLのアクティビティ図の特徴はどれか。

  • 多くの並行処理を含むシステムの,オブジェクトの振る舞いが記述できる。
  • オブジェクト群がどのようにコラボレーションを行うか記述できる。
  • クラスの仕様と,クラスの間の静的な関係が記述できる。
  • システムのコンポーネント間の物理的な関係が記述できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア要件定義
アクティビティ図はフローチャートのUML版であり、太い横線を使って、並列処理の開始ポイント(フォーク)や終了ポイント(ジョイン)を記述することできます。
am1/46.gif
  • 正しい。アクティビティ図の特徴です。
  • コミュニケーション図の特徴です。
  • クラス図の特徴です。
  • コンポーネント図の特徴です。

Pagetop