平成21年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問23

午前Ⅱ 問23解説へ
データベースサーバのハードディスクに障害が発生した場合でもサービスを続行できるようにするための方策として,最も適切なものはどれか。

  • 共通データベースの格納場所を複数のハードディスクに分散させる。
  • サーバディスクを二重化し,通常稼働時は同時に二つのディスクに書き込む。
  • サーバの予備機を設置し,OSとアプリケーションソフトを本番機と同じ構成にして待機させておく。
  • 別のディスクにデータベースを毎週末にコピーする。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスの運用
  • データを分散させるのではなく複製の用意がなければサービスを続行することはできません。
  • 正しい。同じ内容が記録されているディスクが2つあるため、障害が発生したディスクを切り離し予備のディスクだけでもサービスに影響を与えることなく稼働を続けることが可能です。
  • ハードディスク内のデータを復旧する方法がないのでサービスを続行することができません。
  • データの復旧に時間を要するのでサービスを続行することができません。

Pagetop