平成22年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問15

午前Ⅰ 問15解説へ
プログラム実行中の特定の時点で成立する変数間の関係や条件を記述した論理式を埋め込んで,そのプログラムの正当性を検証する手法はどれか。

  • アサーションチェック
  • コード追跡
  • スナップショットダンプ
  • テストカバレッジ分析
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア構築
プログラムの実行中に、使用されている変数の間で論理的に成り立つ条件を「アサーション(Assertion)」といいます。アサーションチェックは、この条件をプログラムの適切な箇所に挿入し、実行時にその部分のアサーションが成立しているかを検査することで、プログラムの正当性を検証する手法です。
  • 正しい。
  • 命令単位でプログラムを実行し、実行直後のメモリやレジスタの内容などの情報を逐一確認する手法です。コード追跡を可能にするツールにトレーサがあります。
  • プログラム中の特定の命令文が実行されるたびに、その時のメモリやレジスタの内容を出力するテスト支援ツールです。
  • プログラムの品質を定量的に把握するために、テストの網羅率(カバレージ)を測定・分析する手法です。

Pagetop