平成22年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問22

午前Ⅱ 問22解説へ
ソフトウェアの保守作業の効率向上策として,最も適切なものはどれか。

  • エンドユーザによる動作確認テスト
  • コーディング規約に準拠したプログラムの作成
  • 最適化コンパイルによる性能改善
  • 発生したバグの要因分類による傾向分析
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:保守・廃棄
  • 利用者であるエンドユーザによるテストを実施することでプログラム導入直後の保守作業の発生回数を減らすことができますが、保守作業が発生した場合の作業効率に変化はありません。
  • 正しい。コーディング規約に準拠することでソースコードの可読性が向上します。保守作業時には他人の記述したプログラムを修正・変更することになるため、可読性が向上は保守作業の効率向上につながります。
  • 最適化コンパイルは主にプログラムの実行速度を改善するために行われます。
  • バグの傾向を分析し対策をたてることでバグの流出を抑制する効果が期待できますが、保守作業が発生した場合の作業効率に変化はありません。

Pagetop