平成22年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問24

午前Ⅱ 問24解説へ
レプリケーションが有効な対策となるものはどれか。

  • 悪意によるデータ改ざんを防ぐ。
  • コンピュータウイルスによるデータの破壊を防ぐ。
  • 災害発生時にシステムが長時間停止するのを防ぐ。
  • 操作ミスによるデータの削除を防ぐ。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスの運用
レプリケーション(Replication)は、DBMS(データベースマネジメントシステム)が持つ機能の一つで、データベースに加えた変更を他の別のネットワーク上にある複製データベースに自動的に反映させることで信頼性や耐障害性を高める仕組みです。レプリケーションとは、本来「複製」の意ですが、データを長期にわたって保存するバックアップと異なり、レプリケーションでは頻繁にデータ更新が行われます。
災害によって機器や施設が破壊されても別の場所に複製があれば迅速な復旧を行うことができます。

Pagetop