平成22年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問18

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅰ 問18解説へ
多くのプロジェクトライフサイクルに共通する特性はどれか。

  • プロジェクト完成時のコストに対してステークホルダが及ぼす影響の度合いは,プロジェクトの終盤が最も高い。
  • プロジェクトの開始時は不確実性の度合いが最も高いので,プロジェクト目標が達成できないリスクが最も大きい。
  • プロジェクト要員の必要人数は,プロジェクトの開始時点が最も多い。
  • 変更やエラー訂正にかかるコストは,プロジェクトの初期段階が最も高い。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトマネジメント
  • ステークホルダからの影響はプロジェクトの初期段階が最も高くなります。
  • 正しい。一般的にプロジェクト達成の不確実性は開始時に最も大きく、終盤に向かうに連れて小さくなっていきます。
  • 一般的に、要員数は開発作業実施中(プロジェクト実行中)が最も多く、プロジェクト開始時と終結時はそれより少なくなります。
  • 変更やエラー訂正にかかるコストは、後戻り工数や見直し作業が多くなるプロジェクトの終盤が最も高くなります。

Pagetop