平成22年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問6

午前Ⅱ 問6解説へ
情報漏えいに関するリスク対応のうち,リスク回避に該当するものはどれか。

  • 外部の者が侵入できないように,入退室をより厳重に管理する。
  • 情報資産を外部のデータセンタに預託する。
  • 情報の重要性と対策費用を勘案し,あえて対策をとらない。
  • データの安易な作成を禁止し,不要なデータを消去する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ管理
リスク分析・リスク評価の結果をうけ、予算や組織などの条件を考慮し、実際に実施するリスク対応策をそれぞれのリスクに対して決定します。リスク対応策は「リスク回避」「リスク移転」「リスク低減」「リスク保有」の4種に分類することができます。
リスク回避
リスクの要因そのものを排除してしまうことでリスクを除去してしまう方策。
リスク移転
保険に加入するなど、他社に資金的リスクを移転する方策。
リスク低減
被害の発生確率の低減や損失を最小化するための措置をとる方策。
リスク保有
発生頻度が低く、損害も小さいリスクに対して用いる対策で、リスクに対して何もしない方策。
選択肢それぞれのケースを4種のリスク対応に当てはめてみると、
  • リスク低減に該当します。
  • リスク移転に該当します。
  • リスク保有に該当します。
  • 正しい。漏えいするデータというリスク要因そのものを排除しようとしているのでリスク回避に該当します。

この問題の出題歴


Pagetop