平成23年特別試験午前問題 午前Ⅰ 問17

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅰ 問17解説へ
共通フレーム2007をソフトウェア産業界に導入する目的として,適切なものはどれか。

  • ソフトウェア産業界において,ソフトウェア開発の生産性の尺度を統一する。
  • ソフトウェアの開発及び取引における契約書や設計書など,文書の種類や書式を規定する。
  • ソフトウェアの開発及び取引の内容を明確にし,市場の透明性を高め,取引の更なる可視化を実現する。
  • 電子商取引を行う際に必要な国際会計基準への対応方法を標準化する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
共通フレーム2007には、共通フレームの目的が以下のように記述されています。

「共通フレームをソフトウェア産業界で「共通の物差し」として用いることにより、国内における「ソフトウェア開発及び取引の明確化」が可能となるだけでなく、増大するソフトウェア開発の国際取引においても相互理解を容易にするなど、市場の透明性を高め取引のさらなる可視化が実現する。」

このことから共通フレームは、取引の取得者と供給者、またはシステム開発に係る全ての人々が、ソフトウェアを中心としたシステムの企画,要件定義,開発,運用,保守の作業内容を共通に参照できるようにしたソフトウェア取引の基準となる文書と言えます。

Pagetop