平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問10

午前Ⅱ 問10解説へ
ICMP Flood攻撃に該当するものはどれか。

  • pingコマンドを用いて同時に発生した大量の要求パケットによって,攻撃対象のサーバに至るまでの回線を過負荷にしてアクセスを妨害する。
  • 繰り返しHTTP GETコマンドを送ることによって,攻撃対象のサーバにコンテンツ送信の負荷を掛ける。
  • コネクション開始要求に当たるSYNパケットを大量に送ることによって,攻撃対象のサーバに,接続要求ごとに応答を返すための過大な負荷を掛ける。
  • 大量のTCPコネクションを確立することによって,攻撃対象のサーバに接続を維持させ続けリソースを枯渇させる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
ICMP Flood攻撃(ping Flood攻撃)は、攻撃対象となるサーバに対してなるべくサイズが大きくなるようにした「ICMP echo request(ping)」を大量に送り続けることで、攻撃対象及び攻撃対象が属するネットワークのリソースを枯渇させることを目的とする攻撃です。
ICMPは上位プロトコルにUDPを使用する関係で攻撃者が送信元IPアドレスの偽装を簡単に行えるため、パケット情報から攻撃者を特定することは容易ではありません。
10.gif
  • 正しい。ICMP Flood攻撃に該当します。
  • HTTP GET Flood攻撃に該当します。
  • SYN Flood攻撃に該当します。
  • Connection Flood攻撃に該当します。

この問題の出題歴


Pagetop