平成24年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問24

午前Ⅱ 問24解説へ
ソフトウェア開発・保守工程において,リポジトリを構築する理由として,最も適切なものはどれか。

  • 各工程で検出した不良を管理することが可能になり,ソフトウェアの品質分析が容易になる。
  • 各工程での作業手順を定義することが容易になり,開発・保守時の作業のミスを防止することができる。
  • 各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり,作業の進捗管理が容易になる。
  • 各工程での成果物を一元管理することによって,開発・保守作業の効率が良くなり,用語の統一もできる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:構成管理・変更管理
リポジトリ(Repository)は、容器、貯蔵庫、倉庫、集積所などの意味を持つ英単語で、ソフトウェア開発で策定される仕様や、関連する様々なシステム資源の情報を一元的に管理する目的で構築されるデータベース(ファイルやフォルダの場合もある)を意味します。

複数の人間が携わるシステム開発において、成果物(ドキュメントやソースコード)、仕様などを一元的に管理することで、作業の効率化に寄与したり、用語のシノニム(異名同義語)やホモニム(同名異議語)を排除し、統一することができます。

したがって「エ」が適切です。

この問題の出題歴


Pagetop