平成28年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問23

午前Ⅱ 問23解説へ
表はシステムの特性や制約に応じた開発方針と,開発方針に適した開発モデルの組である。a~cに該当する開発モデルの組合せはどれか。
23.gif

23a.gif
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
それぞれの開発モデルの特徴は次の通りです。
ウォータフォールモデル
開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割し、滝が上から下に流れるように開発していくモデル。
23_1.gif
進化的モデル(エボリューションモデル)
要求が確定した部分から開発に着手し、要件定義~テストを繰り返しながら機能を追加していく開発モデル。開発するシステムの完成形が未定でも適用できる。
23_2.gif
段階的モデル(インクリメンタルモデル)
初めにシステム全体の要件定義を行い要求された機能を幾つかのサブシステムに分割した後、コアとなる部分を優先的に完成させ、以降は設計~テストを繰り返して追加機能を順次リリースしていく開発モデル。
23_3.gif
aは「コア部分を開発し…順次…追加」という記述から段階的モデル、bは「全機能を一斉に開発」という記述からウォータフォールモデル、cは「要求に不明確な部分がある」という記述から進化的モデルを適用すべきと判断できます。したがって「イ」が適切な組合せです。

Pagetop