平成29年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問21

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅱ 問21解説へ
ビッグデータの解析に利用されるニューラルネットワークに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 誤差逆伝播法(バックプロパゲーション)は,ニューラルネットワーク全体の重みを調整する手法であり,調整作業は入力層から出力層に向かって行われる。
  • サポートベクタマシンは機械学習に必要な機能を実現する装置のことであり,ニューラルネットワークで大量計算する際に利用される。
  • 深層学習(ディープラーニング)に用いられるニューラルネットワークは,入力層と出力層の間に複数の中間層をもつモデルが利用される。
  • 中間層を増やしたニューラルネットワークによる訓練データを用いた学習は,訓練データ以外の未知のデータに対しても高精度な正解が導け,これを過学習(オーバフィッティング)という。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース応用
  • 誤差逆伝播法は、ニューラルネットワークの出力と最適解を比較し、その誤差をもとに各中間層の重みを調整する手法です。調整作業は、出力層から入力層に向かって行われるため誤りです。
  • サポートベクタマシンは、教師あり機械学習を用いたパターン認識の手法です。データ量が多いと学習時間が多くなるので大量計算には向きません。
  • 正しい。ディープラーニングに用いられるディープニューラルネットワークは、従来のニューラルネットワークでは1つだった中間層を多層化している点が特徴です。
    21.gif
  • オーバフィッティングは、過剰に学習させた結果、訓練データには適合するが未知のデータに対しては適合しない汎化性能に劣る状態になってしまうことをいいます。

Pagetop