平成31年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問19

情報処理安全確保支援士試験講座
午前Ⅱ 問19解説へ
シリアル回線で使用するものと同じデータリンクのコネクション確立やデータ転送を,LAN上で実現するプロトコルはどれか。

  • MPLS
  • PPP
  • PPPoE
  • PPTP
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
  • Multi Protocol Label Switchingの略。IP-VPNで使用される技術で、IPルーティングによるパケット転送よりも高速な転送処理を実現します。
  • Point-to-Point Protocolの略。電話回線を通じてコンピュータをネットワークに接続するダイヤルアップ接続でよく使われる、2点間を接続してデータ通信を行うための通信プロトコルです。
  • 正しい。PPPoE(PPP over Ethernet)は、電話回線やISDNでインターネットを接続する際に使われるPPPをイーサネット上で利用できるようにしたものです。
  • Point-to-Point Tunneling Protocolの略。第2層のPPPパケットをIPパケットでトンネリングする方式で、暗号化機能や独自の利用者認証機能をもちます。マイクロソフト社によって開発されました。

この問題の出題歴


Pagetop