平成31年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問25

午前Ⅱ 問25解説へ
システム監査における監査調書の説明として,適切なものはどれか。

  • 監査対象部門が,監査報告後に改善提案への対応方法を記入したもの
  • 監査対象部門が,予備調査前に当該部門の業務内容をとりまとめたもの
  • 監査人が, 実施した監査のプロセスを記録したもの
  • 監査人が,年度の監査計画を監査対象ごとに詳細化して作成したもの
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム監査
小分類:システム監査
監査調書は、監査手続の実施内容や発見した問題点、収集した情報およびそれらの分析結果、監査人の結論などをまとめた文書です。監査調書は、監査報告書に記載される監査結果、監査意見、改善勧告などの根拠となります。

システム監査基準(平成30年)では「監査調書は、システム監査人が実施した監査のプロセスを記録したものであり、かつ、監査の結論の基礎となるものである」と定義されています。
  • 改善計画書や改善実施状況報告書の説明です。
  • 監査調書ではありません。
  • 正しい。監査調書の説明です。
  • 個別監査計画書の説明です。

Pagetop