平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問19

午前Ⅰ 問19解説へ
ソフトウェアの機能量に着目して開発規模を見積もるファンクションポイント法で,調整前FPを求めるために必要となる情報はどれか。

  • 開発者数
  • 画面数
  • プログラムステップ数
  • 利用者数
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのコスト
ファンクションポイント法は、システムやプログラムの機能に基づいて全体の開発規模を見積もる手法で、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイントを算出して規模や工数見積りを行います。利用者側に見える入出力画面や帳票を基準に見積りを行うため、依頼者側とのコンセンサス(合意)が取りやすいという特徴があります。

調整前FPは、開発する機能ごとに複雑さの重みを付けたものを合算した値ですので、調整前FPを求めるには機能数がわかっていなければなりません。ファンクションポイント法では、入出力データ数やファイル数を機能として扱うので、外部入出力の機能である画面数は調整前FPを求めるために必要な情報になります。

Pagetop