平成30年秋期試験午前問題 午前Ⅰ 問29

午前Ⅰ 問29解説へ
売上高が7,000万円のとき,200万円の損失,売上高が9,000万円のとき,600万円の利益と予想された。売上高が8,000万円のときの変動費は何万円か。ここで,売上高が変わっても変動費率は変わらないものとする。

  • 3,200
  • 4,000
  • 4,800
  • 5,600
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:会計・財務
売上と費用及び損益には次の関係があります。

 損益=売上高-固定費-変動費

そして、変動費は「売上高×変動費率」で表せますから、

 損益=売上高-固定費-(売上高×変動費率)

となります。

この式に売上が7,000万のケースと9,000万円のケースの値を代入して式を立てます。

 -200=7,000-固定費-7,000×変動費率
  600=9,000-固定費-9,000×変動費率

この連立一次方程式の下の式から上の式を引くと、固定費が消えて変動費がわかります。

 800=2,000-2,000×変動費率
 2,000×変動費率=1,200
 変動費率=0.6

売上が8,000万円のときの変動費は、

 8,000×0.6=4,800(万円)

したがって「ウ」が正解です。

Pagetop