平成30年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問18

午前Ⅱ 問18解説へ
IPv4において,IPパケットで送られているデータが,ICMPメッセージであることを識別できるヘッダ情報はどれか。

  • IPヘッダのプロトコル番号
  • MACヘッダのイーサタイプ値
  • TCPヘッダのコントロールフラグ
  • UDPヘッダの宛先ポート番号
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
ICMP(Internet Control Message Protocol)は、インターネットプロトコル(IP)の通信制御を補完するプロトコルで、データ配送中のエラー通知や送達エラーを通知する機能を提供します。

ICMPを含むフレームの構成は以下のようになっています。
18.gif
  • 正しい。IPヘッダのプロトコル番号は、IPヘッダの次のプロトコルが何であるかを示す8ビットのフィールドです。ICMPは1、TCPは6、ESPは50というようにプロトコルごとに値が定められています。
  • MACヘッダのイーサタイプ値は、イーサネットの上位層のプロトコルが何であるかを示す16ビットのフィールドです。IPv4は0800、ARPは0806(共に16進数表記)というようにプロトコルごとに値が定められています。
  • TCPヘッダのコントロールフラグは、SYN、ACK、FINなどの制御フラグを指定するためのフィールドです。
  • UDPヘッダの宛先ポート番号は、データの送信先となるアプリケーションを識別するためのフィールドです。

Pagetop