情報処理安全確保支援士令和元年秋期 午前T 問28

午前T 問28

RPA(Robotic Process Automation)の説明はどれか。
  • ホワイトカラーの単純な間接作業を,ルールエンジンや認知技術などを活用して代行するソフトウェア
  • 自動制御によって,対象物をつかみ,動かす機能や,自動的に移動できる機能を有し,また,各種の作業をプログラムによって実行できる産業用ロボット
  • 車両の状態や周囲の環境を認識し,利用者が行き先を指定するだけで自律的な走行を可能とするレーダ,GPS,カメラなどの自動運転関連機器
  • 人の生活と同じ空間で安全性を確保しながら,食事,清掃,移動,コミュニケーションなどの生活支援に使用されるロボット
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和元年秋期 問71と同題

分類

ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発計画

正解

解説

RPA(Robotic Process Automation)は、これまで人間が行ってきた定型的なパソコン操作を、コンピュータ上で動作するソフトウェアの力で自動化するものです。具体的には、ユーザ・インターフェース上の操作を認識する技術とワークフロー実行を組み合わせ、表計算ソフトやメールソフト、ERP(基幹業務システム)など複数のアプリケーションを使用する一連の業務プロセスをオートメーション化します。主に間接部門の業務を効率化するために使用されます。

日本の生産労働人口が減少局面にあるなか、従来より少ない人数で生産力を高めるための手段としてRPAへの注目が高まっています。
  • 正しい。RPAは、単純で定型的なPC作業をソフトウェアで自動化する技術です。
    ※ホワイトカラーは「白い襟」の意味で企業の管理部門で事務作業に従事する労働者を指します。
  • ハードウェアである産業用ロボットを動かすのでRPAではありません。
  • ハードウェアである自動車を動かすのでRPAではありません。
  • ハードウェアである生活支援ロボットを動かすのでRPAではありません。
data-full-width-responsive="true">
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop