HOME»情報セキュリティスペシャリスト 平成28年秋期

情報セキュリティスペシャリスト 平成28年秋期試験問題

【試験データ】
開催日平成28年10月16日
応募者数32,492人
受験者数22,171人
合格者数3,004人
合格率13.5%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
配布元URLIPA 28年秋期試験

平成28年秋期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1処理の実行回数は何回かアルゴリズム
問2有限オートマトンの状態遷移表情報に関する理論
問3ヒープソートアルゴリズム
問4メモリインタリーブの目的メモリ
問5MTBFとMTTRと稼働率の関係システムの評価指標
問6主記憶管理に関する記述オペレーティングシステム
問7条件を満足する論理回路ハードウェア
問8マルチメディア用のXMLフォーマットマルチメディア技術
問9B+木インデックスのオーダを表す式トランザクション処理
問10DBMSの障害回復トランザクション処理
問11ARPの説明通信プロトコル
問12IPv6で実現できるセキュリティ機能通信プロトコル
問13チャレンジレスポンス方式情報セキュリティ
問14認証デバイスの特徴情報セキュリティ
問15ハイブリッド暗号方式の特徴情報セキュリティ
問16ユースケース図の説明はどれかソフトウェア要件定義
問17自社開発したソフトウェアの使用許諾知的財産適用管理
問18PMBOKの統合変更管理プロセス統合マネジメント
問19アローダイアグラムタイムマネジメント
問20プロジェクトの進捗管理タイムマネジメント
問21バックアップに必要な媒体数サービスの運用
問22ITへの対応に関する記述内部統制
問23学習と成長のKPIの目標例はどれかビジネス戦略と目標・評価
問24BIの活用事例システム活用促進・評価
問25ベンダと締結する契約の形態調達計画・実施
問26ベンチマーキングを説明したもの経営戦略手法
問27アンゾフの成長マトリクス経営戦略手法
問28部品の正味所要量エンジニアリングシステム
問29故障率曲線OR・IE
問30産業財産権の四つの権利知的財産権

平成28年秋期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1AAAフレームワークの構成要素情報セキュリティ
問2NTPリフレクション攻撃の特徴情報セキュリティ
問3POODLE攻撃の説明はどれか情報セキュリティ
問4XMLディジタル署名の特徴情報セキュリティ
問5ダイナミックパケットフィルタリング情報セキュリティ対策
問6リスクベース認証に該当するもの情報セキュリティ
問7CRLの運用を説明したものはどれか情報セキュリティ
問8CRYPTRECの活動内容はどれか情報セキュリティ管理
問9secure属性を付けたときの動作セキュリティ実装技術
問10タイミング攻撃の対策情報セキュリティ対策
問11ダークネットはどれか情報セキュリティ
問12rootkitの特徴はどれか情報セキュリティ
問13DNSSECで実現できることはどれかセキュリティ実装技術
問14EAP-TLSによって実現される認証セキュリティ実装技術
問15IPsecに関する記述セキュリティ実装技術
問16SMTP-AUTHの特徴はどれかセキュリティ実装技術
問17SQLインジェクション対策セキュリティ実装技術
問18DNSに関する記述通信プロトコル
問193ウェイハンドシェイクを表す図通信プロトコル
問20TCPに関する記述通信プロトコル
問21コミット処理完了とみなすタイミングトランザクション処理
問22アクティビティとテストの組合せ開発プロセス・手法
問23開発モデルの組合せはどれか開発プロセス・手法
問24インシデントに該当するものサービスマネジメント
問25監査手続として適切なものシステム監査

平成28年秋期 午後T

Noテーマ解説
問1 組込み機器を利用したシステムのセキュリティ対策
問2 ソフトウェア開発における脆弱性対策
問3 プロキシサーバによるマルウェア対策

平成28年秋期 午後U

Noテーマ解説
問1 ICカードを用いた認証システム
問2 脆弱性対策
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop