情報セキュリティスペシャリスト平成28年秋期 午前T 問5

午前T 問5

あるシステムにおいて,MTBFとMTTRがともに1.5倍になったとき,アベイラビリティ(稼働率)は何倍になるか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成28年秋期 問14と同題

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

稼働率は、MTBF/(MTBF+MTTR) で求められます。

MTBFとMTTRをそれぞれ1.5倍にして式の変化を見ます。

 (1.5×MTBF)/(1.5×MTBF+1.5×MTTR)
=(1.5×MTBF)/1.5(MTBF+MTTR)
=MTBF/(MTBF+MTTR) //1.5で分子・分母を割り約分する

以前と同じ式になるため、稼働率は以前と変わらないことがわかります。したがって「エ」が正解です。
MTBF(Mean Time Between Failures)
システムが修理され正常に稼働し始めてから、次回故障するまでの平均故障間隔のこと
MTTR(Mean Time To Repair)
システムの故障を修理するために要した平均修理時間のこと
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop