HOME»情報処理安全確保支援士試験 平成30年秋期

情報処理安全確保支援士 平成30年秋期試験問題

【試験データ】
開催日平成30年10月21日
応募者数22,447人
受験者数15,257人
合格者数2,818人
合格率18.5%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
 得点分布
配布元URLIPA 30年秋期試験

平成30年秋期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1相補演算離散数学
問2M/M/1の待ち行列モデル応用数学
問3正規分布応用数学
問42次元配列の要素数は幾つかデータ構造
問5メモリの誤り制御方式メモリ
問6ページインだけの処理の割合オペレーティングシステム
問7半加算器の論理回路図ハードウェア
問8レンダリングの説明はどれかマルチメディア技術
問9ハッシュ値の衝突アルゴリズム
問10並行実行の可否の組合せトランザクション処理
問11レイヤ2スイッチデータ通信と制御
問12TLS通信で期待できるセキュリティ効果セキュリティ実装技術
問13クロスサイトスクリプティング対策セキュリティ実装技術
問14ブルートフォース攻撃情報セキュリティ
問15ファジングはどれかセキュリティ技術評価
問16フールプルーフソフトウェア方式設計・詳細設計
問17イテレーションを行う目的はどれか開発プロセス・手法
問18トレンドチャートの説明はどれかプロジェクトの時間
問19ファンクションポイント法プロジェクトのコスト
問20ITILのサービスライフサイクルサービスマネジメントプロセス
問21システム監査におけるサンプリングシステム監査
問22情報システムの可監査性システム監査
問23UMLを採用した場合の活用シーン業務プロセス
問24内部ビジネスプロセスのKPIはどれかビジネス戦略と目標・評価
問25システム化構想の立案プロセスシステム化計画
問26クラスタ分析法OR・IE
問27チャットボットの説明はどれかe-ビジネス
問28部品の正味所要量エンジニアリングシステム
問29変動費は何万円か会計・財務
問30下請代金支払遅延等防止法労働関連・取引関連法規

平成30年秋期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1AESの特徴はどれか情報セキュリティ
問2CVE識別子の説明はどれか情報セキュリティ管理
問3ブロックチェーンに関する記述セキュリティ実装技術
問4マルチベクトル型DDoS攻撃情報セキュリティ
問5FIPS PUB 140-2の記述内容はどれかセキュリティ技術評価
問6サイバーセキュリティ経営ガイドライン情報セキュリティ管理
問7UDPの性質を悪用したDDoS攻撃情報セキュリティ
問8EDSA認証における評価対象と評価項目セキュリティ技術評価
問9MITB攻撃に有効な対策はどれか情報セキュリティ対策
問10クラウドサービス区分情報セキュリティ対策
問11マルウェアMiraiの動作はどれか情報セキュリティ
問12HSTSの動作はどれかセキュリティ実装技術
問13OSコマンドインジェクション情報セキュリティ
問14SMTP-AUTHの特徴はどれかセキュリティ実装技術
問15TLSに関する記述セキュリティ実装技術
問16電子メールの暗号化プロトコルセキュリティ実装技術
問17IEEE 802.1XとRADIUSでの認証セキュリティ実装技術
問183ウェイハンドシェイクを表す図通信プロトコル
問19クラスDのIPアドレスに関する記述通信プロトコル
問20無線LANの周波数帯域の組合せ通信プロトコル
問21SQL文の実行結果の説明に関する記述データ操作
問22ソフトウェア結合テストの方式ソフトウェア結合・適格性テスト
問23SOAでサービスを設計する際の注意点開発プロセス・手法
問24JIS Q 20000-1が要求している事項サービスマネジメントプロセス
問25保証業務の三当事者に該当する者システム監査

平成30年秋期 午後T

Noテーマ解説
問1ソフトウェア開発
問2セキュリティインシデント対応
問3ソフトウェアの脆弱性対策

平成30年秋期 午後U

Noテーマ解説
問1クラウド環境におけるセキュリティ対策
問2セキュリティインシデントへの対応
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop