HOME»情報セキュリティスペシャリスト 平成22年春期

情報セキュリティスペシャリスト 平成22年春期試験問題

【試験データ】
開催日平成22年4月18日
応募者数30,296人
受験者数19,951人
合格者数3,045人
合格率15.3%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
配布元URLIPA 22年春期試験

平成22年春期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1待ち行列モデルの条件応用数学
問2アルゴリズムの流れ図アルゴリズム
問3妥当なXML文書の条件その他の言語
問4ECCメモリで用いる誤り制御方式メモリ
問5稼働率システムの評価指標
問6ファイル領域の割り当てファイルシステム
問7プログラミングツールの機能開発ツール
問8DRAMの特徴メモリ
問9ヒューリスティック評価法ヒューマンインタフェース技術
問10音声サンプリングの処理マルチメディア技術
問11E-R図データベース設計
問12ロールフォワードを説明したものトランザクション処理
問13プロキシデータ通信と制御
問14LANアナライザ使用時の注意点情報セキュリティ対策
問15SQLインジェクション情報セキュリティ
問16UML シーケンス図ソフトウェア要件定義
問17プロセス改善のためのガイドライン開発プロセス・手法
問18プロジェクトライフサイクルプロジェクトマネジメント
問19アローダイアグラムタイムマネジメント
問20ITIL v3の問題管理プロセスサービスマネジメントプロセス
問21DBのバックアップ・復旧時間サービスの運用
問22受入テストのシステム監査システム監査
問23SaaSを説明したものソリューションビジネス
問24投資額を分母にして算出する指標情報システム戦略
問25提案依頼書(RFP)調達計画・実施
問26チャレンジャ戦略経営戦略手法
問27技術のSカーブ技術開発戦略の立案
問28ICタグ(RFID)の特徴民生機器
問29営業利益の算出会計・財務
問30著作権法の適法行為知的財産権

平成22年春期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1SHA-256ハッシュ値の長さ情報セキュリティ
問2XMLディジタル署名の特徴情報セキュリティ
問3認証局の公開鍵で行う処理情報セキュリティ
問4S/KEYに関する記述情報セキュリティ
問5必要な共通鍵の総数は幾つか情報セキュリティ
問6リスク回避に該当するものはどれか情報セキュリティ管理
問7脆弱性関連情報の適切な取扱い情報セキュリティ管理
問8プライマリDNSサーバの設定情報セキュリティ対策
問9ワームの侵入に関する記述情報セキュリティ
問10ステガノグラフィ情報セキュリティ対策
問11フィルタリングルールの設定情報セキュリティ対策
問12ダウンローダ型ウイルスへの対策情報セキュリティ対策
問13Man-in-the-middle攻撃情報セキュリティ
問14DKIMの説明はどれかセキュリティ実装技術
問15SMTP-AUTHセキュリティ実装技術
問16SSL/TLSの機能はどれかセキュリティ実装技術
問17IPsecに関する記述セキュリティ実装技術
問18MACアドレスを対応付ける機器データ通信と制御
問19ハイブリッド暗号方式情報セキュリティ
問20サブネットマスク通信プロトコル
問21データマイニングツールデータベース応用
問22クラス間の関係ソフトウェア方式設計・詳細設計
問23SOAの説明はどれか開発プロセス・手法
問24フェールソフトシステム方式設計
問25情報セキュリティ監査基準の位置付けシステム監査

平成22年春期 午後T

Noテーマ解説
問1 Javaプログラミング
問2 データの暗号化とバックアップ
問3 転職サイトにおける個人情報保護
問4 ウイルスの駆除及び感染防止

平成22年春期 午後U

Noテーマ解説
問1 インターネットに公開されているサーバのセキュリティ対策
問2 情報セキュリティインデント対応
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop